記事一覧

試験が終わって

 先日、試験を受けてきました。どんな資格かと言うと、仕事についての相談やカウンセリングをするための資格です。鍼灸師の試験を受けた時に、もう試験を受けるのは二度と御免だと思っていましたが、この年になってまさかの受験。しかし、やってみたい仕事をするにはその資格が必要となるので頑張るしかありません。その試験には筆記、論述、実技があり半年かけて勉強してきましたが、試験が終わる頃には頭と精神力がヘトヘトになりました。ある意味、ままならない状況の半年間でした。
 カウンセリングって一体どういうことをするのかと言うと、クライアントさん本人自身が自分で選び、問題を自分の力で乗り越えることが出来るように支援することです。そのためには、ただ単に話しを聴いているだけではなく、相手の鏡となってクライアントさんに「気付き」や「価値観」を話して貰うことが重要になってきます。これがとても難しいのです。最初は自分の思いや思考が入ってしまい、先生からはダメ出しの嵐。しかし、回数を重ねるにつれて、少ずつコツが分かってOKが出るようになりました。そうして思ったのは、構成も大切だけど最終的には技術ではなく人間性や人間力の部分が大きいなと感じました。
 試験が終わってみて、カウンセリングと魂導での学びが直結しているなということを感じました。どちらも自分の「意見や見方」=「我」をいかに無くせるかということがキーになってきます。自分の思い込みや、ねばならない、べきであるという視点を捨てて初めて相手の話しを聴くことが成立するのです。「こう言ってあげた方がいいかな?」とか「この人はこうした方が良い筈だ。」という良かれと思ってという考えも必要ありません。そうして自分の我を無くし、相手の鏡になると相手が自分の力で変わってゆく…。魂導の動きもこの相手を感じることや、自分の我を無くすことで相手が動いたり変化してゆきます。魂導は更に深い魂の計画を発現させますが、私はカウンセリングでそこまでいく道があるのではないかと思っています。勿論、まだまだなってもいないので大きなとこは言えませんが…。
 勉強して思ったことがもう1つあります。それは、横田先生が何気ない会話の中でも自然にこの流れをして下さっているなということです。私は先生とお話しをしている中で、自分の片寄った見方や価値観、そして気付きを沢山頂いてきた気がします。しかも、自然に。勿論、横田先生はもっと深い所までを感じて会話をして下さっていると思いますが、そうやってここまで来させて頂いて思うことは、いつか横田先生から頂いた学びを若い人たちにも少しでも伝えていけるような事が何か出来ればいいなということです。合否はまだ分かりませんが、来年の新しい流れに繋がればいいなと思っています。来年も宜しくお願い致します!

 

(Iさん・女性)

関連記事

PAGE TOP