記事一覧

自分の意識

 セミが鳴きはじめて、いよいよ夏本番といった季節がはじまりましたね。わたしは毎年夏になると、なんだか開放的な気分になって、いろんなことをやりたいな~という気持ちがでてきます。

 最近の不思議の会では横田先生をはじめ、会員のみなさまから意識の質についてお話をたくさんうかがっています。自分の意識はどこにあるんだろうと、問い続ける毎日です。

 私はブログを書くようになってからしばらくたちます。

 その中で文字という形にする前に、伝えたいという思い、つまり目に見えない部分があるからこそ文字(形)になるんだなということを体感しています。

 この目に見えない部分が、自分の中から湧き上がってくるものだとすらすら形になります。しかし、この「何かを伝えたい」という思いがないと文字にするのはとても時間がかかります。しかも、そんな時は人の言葉や気持ちを真似して文字にしたりしてしまいます。すると、形にした後に「自分の言葉なのかな?」と違和感が残ったりするんです。

 この感覚ははじめのころは、まったくわかりませんでした。何度もくり返していくうちに、ふと「こういうことなのかな」と。ではこの何かを伝えたいという思いはどこからくるんだろう、と思うと、日常の生活で自分が感じていることや気づいたことが「伝えたい」ということになる。

 この日常で自分が感じていることって、なんとなく過ごしていたらぼんやりしてきてわからなくなってしまうんですよね。ぼんやりしないようにするには、自分に問いかけること、自分1人ではなく他の人ともコミュニケーションをとるということを続けることで、だんだん見えてくるのかなと実践している最中です。

 「本当のことを知りたい」ということ。だからご縁があり、こうやって不思議の会に参加させていただいているんだと思っています。

 「本当のこと」とは何かは、日常で感じているものがあるようなないような…。

 そんな感じでいまいちピンとはきませんが、日常で「こういうことなのかな?」という意識を繰り返していくなかで、ふと気づく瞬間があるんだろうなと思います。

 そのためにもそういうことを思い出させていただける場所に参加するというのは大切なんだとあらためて感じています。

 

(30代・女性)

関連記事

PAGE TOP