記事一覧

虚実

 平成から令和への激動の移り変わりは、喉元過ぎれば熱さを忘れ、遠い過去のように思う今日この頃。

 二元から一元への統合という体験の中で、いろいろな摩擦を感じることもありますが、そんな時はチャンスだと思って、摩擦を生んでいる自分自身の観念や固定概念を発見し、捨てていくことに意識を向けたいです。結局は「自分のエネルギーをどこに注ぐのか」で全て変わってしまうと思いますので、本当に大切なことに意識を向けて、本当に大切なことをやっていきたいと感じています。

 そんな私自身は、現在お気楽会社員をしており、そこで数ヶ月の時間を過ごしてみて「虚実」について思うことがあります。

 例えば、本当にお酒好きな人には「アルコール度数が高いだけで美味しくない」と不評に終わったお酒でも、アルコール中毒者の間では「安くで酔える」と評判が良いなんてことはあると思うのです。逆も然りです。でもこの場合、作り手は向いている方向が全く違うと思うのです。

 最近、過去の会報のバックナンバーを振り返っていると、2015年2月の記事にこんな内容がありました。

人間の根本は氣です。氣を練磨していくことが重要なのです。(中略)皆さんにも「氣を磨く」「感性を磨く」ということを意識していただければと思います。(中略)根本的なことに意識を向けることが、とても重要です。

 ですので、いろいろな社会のフィクションもありますが、常に何かを磨くという考え方を大切にしたいと思います。

 そしてこれからは自分の中のフィクションにも気付いていって、冒頭にも書いているように、本当に大切なことに意識を向けて、本当に大切なことをやっていきたいです。何より楽しいと思えることを追求して、磨くという発想を持ってエネルギーを注げば、対象は何であれ「実のもの」になると思いますので、そうやってやっていければと思っています。

 

(20代・男性)

関連記事

PAGE TOP