会員の皆さんの気付き

鍛える

皆さんこんにちは!今年は過酷な猛暑が続きましたが、この会報が発刊される頃には秋を感じれる気候になっているでしょうか。

さて、今回は自分の数少ない長所(?)と最近の自分の雑感について書いていきます。僕の長所というのは簡単に言いますと、「自分に取って良い影響を与えるものか、そうでないかが分かる」です。平たく言うと直感というものでしょうか。それは物質やイベント、人間関係等のほぼ全てに掛かってきます。ただ、それを駆使して全て上手く事を運んできたかというとそうでもなく、過去を振り返ってみると、素直に直感に従った事は上手くいきましたし、直感で良いと思わなかったけども、頭を使ってやろうとした事は上手くいきませんでした。過去を自分で検証してみて、ああやっぱりそうだったな、という感じです。

近年は特にその感覚が強いなぁと感じる事が多いです。特に人間関係については、人とは話が出来なくなってしまいます。僕は元々お喋りですし、雑談も大好きですが、自分にとって良い影響がなさそうだな…という場合は言葉が出てこなく、喋れなくなります。大変ですね。一般社会では生きていけません(笑)

最近は自分の周りでも、様々な入れ替わりが早くなっており、頭で考えていては追いつけませんし、自分の感性に委ねていく事の必要性を感じる事が多々あります。その中で特に、これから必要だと感じている事は、「鍛える」という感覚です。それは体もそうですし、感覚もそうです。中身の汚れていない、しっかりとした器を創りあげていくという感覚です。「委ねる」という事は、中途半端な感覚や身体で行ってしまうと、途中ですぐに自我が入ってしまうという事を最近感じています。和の会で特に感じるのですが、相手に全力で委ねれば委ねるほど大きな流れが返ってきます。横田先生に受けていただいた時などは特に本当に感じます。

これから先、もっと面白く不思議な事がどんどん起こってくる中で、自分がしっかりと着いていけるように、自分を鍛えていく必要があるなと感じた雑記でした。

 

(Mさん・男性)

関連記事

PAGE TOP