ブログ

最近感じていること

皆様こんにちは!今回はこの6月7月で僕が感じたことを書いてみようと思います。まずは鞍馬山に行った時のことです。

7月の初め頃に横田先生と会員のMさん、Oさんとご一緒に鞍馬山に参らせていただく機会がありました。僕が鞍馬山に行くのはちょうど7ヶ月ぶりで前回は去年の大晦日でした。久しぶりに参った鞍馬はお昼過ぎだったこともあり観光客の方とよくすれ違いました。

自然を満喫しながら本堂まで行き、地下の三尊がおられる空間へ入りました。階段を降り、線香をあげさせていただき三尊の方へ続く通路へ向かったのですが、その通路の両側の壁(行ったことのある方はご存知でしょうが、たくさんの小さな壺?のようなものが並んでいる壁です)が動いてるように見えていました。高速で移動している車から外を見た時の感じといえばなんとなく伝わるでしょうか、通路の壁が後ろへ速いスピードで流れていくように動いているかのような感覚でした。

薄暗い所ですので目の錯覚を疑ったのですが、そういった経験は初めてでした。やはりあの地下の空間は空気が外と比べてがらっと変わるところなんだと思いました。そこから雷と大雨になったのは横田先生が不思議の会で仰っていた通りです。そこからあの大変な大雨が降り、さらに台風が関西中国地方を通過しました。

6月の地震が起きてから何か見えていない所で変化が激しくあったのではないかと感じることばかりです。僕の住んでいる地域でも地震が起きてから話題にもなった小学校の塀で女の子が挟まれてしまったり小さな子どもがマンションから転落して亡くなったり、家事で近所の家がほぼ全焼していたりと身近にも色々なことがありました。また僕の生活においても群馬へ行かせていただく機会をいただくといった変化がありました。一つ一つの出来事に関係性を感じています。

今年も半分を過ぎましたがまだまだ変化していくのだろうな、と思う今日この頃でございました!

 

(Yさん・男性)

関連記事

ページ上部へ戻る