ブログ

やはり皆んな繋がっている

皆さん、こんにちは!

2018年は「拡がる年」だと言われてますが、確かに昨年までの流れとは違うものを感じています。変化が早く、付いていけてない感じがしますが、考えるヒマが無いこのテンポは良いのかもしれません。

そしてこの2か月ほど、様々な聖地を訪れる機会が増えました。江島神社に奈良の妙見宮、サムハラ神社奥の院、そして沖縄の魂旅。毎週どこかに出掛けています。

先日訪れた交野の磐船神社。当初、会員のSくんが一人で行くと聞いてたので「いってらっしゃ~い」と他人事のように思ってたんですね。ところが、洞窟は二人以上でないと立ち入り禁止。ということで、「ほな、一緒に行こか」ということに。本来お尻が重い私なので、お誘い頂くのは嬉しいですね。

ふと、「どうして聖地やエネルギースポットを訪れるんだろう」と思うことがあります。何も考えず、意味を持たず、そこを訪れるだけで良いのだろうけど、やはり自分自身とその場のエネルギーが共鳴して潜在意識が変化するんですね。

ただ、その自覚はありません。その代わりに私と繋がっている人たちから変化の報告を頂くのです。家族や親友、あとは占いのお客さまから。沖縄から帰ってきた直後も、数人のお客さまからパタパタと問題解決のご報告を頂きました。これは不思議ですね。私が意識を向けている人たちと、水面下で繋がっていると感じる瞬間です。

占いという仕事では、鑑定したお客さまとその後も無意識レベルで繋がり続けます。ですから私自身が整っていることがとても大事だと思います。逆に私が聖地を訪れるだけで、そのエネルギーが共有されるのではないかと感じています。占いで相手を助けてあげようとしなくても、私自身が整っていることで、相手も整う。これって理想ですよね。

そうあるためにも、日々精進していきたいですね。

 

(40代・女性)

関連記事

ページ上部へ戻る