会員の皆さんの気付き

自分の在り方

みなさま、こんにちは。

最近の不思議の会では「自分のあり方」についてよくお話しを伺います。我が家でもまさに家族としてどうありたいか、また一個人としてどうありたいかというのを考えさせられることが起こっています。

我が家では現在、夫は午前中、私は十時半から十七時まで会社に勤務しています。以前より会社に勤務する=『時間』を対価として働くのではなく、自分のワクワクすることに対して対価をいただけるような働き方になるように取り組んでいました。(もちろん会社に勤務されている方の中には、時間を対価にしない働き方をされている方もいらっしゃると思いますが・・・。)
・・・が、中々上手くいきません。というのも、一番肝心の「自分がどうありたいか」というものがはっきりしていなかったからです。
そもそも今の仕事に就いたのも、息子を保育園に入れるため、夫の働き方を変える際に収入が少しでも増えるようにと始めた仕事なので、時間と勤務時間を条件に決めました。そして仕事を始めると、自分の思うようになる時間(仕事中)が増え、夫も家事、育児を積極的にやってくれる、夫も私も以前に比べて勤務時間が短くなったので食事の時間も一緒に過ごせる、と働き始める以前にはなかったものが手に入り、それで満足してしまったのです。
しかし、今後は仕事もAIに置き換わり、人間の生き方が問われるようになるとお話しいただき、「今のままではいけない!」と改めて夫とどのような家族になりたいかを話し、毎日の行動を変えていきました。すると必然的に家族として以前に自分自身がどうありたいかを考えないとその他のこと(家族のこと、仕事のこと、毎日の日々)がブレてしまい、向かう先が定まらないことに気づきました。
そんな風に過ごしていると、自然と自分に集まってくる情報が全て必要な情報になるんです。今までだったら目の前にあっても右から左に流していたような情報も、今なら「あっ、そういうことか!」と気づきになる。そのようなことが増えました。
これも不思議の会という場に参加して、横田先生はもちろんのこと、一緒に参加している皆様と素敵な時間を共有しているおかげだと思います。今後、これらの情報を生かすも殺すも自分次第なのですが、これからの課題である「自分のあり方」についてもっと深めていきたいと思います。

(三十代女性)

関連記事

PAGE TOP